女将の部屋

天体ドーム今月の天体

2月に観測できる星空~天体ドーム

こんにちは。天体ドームです。
2月にご覧いただける星空情報をご案内させて頂きます。
1月に引き続き、2月は月が見える時以外は、一番明るく見える「シリウス」や「すばる」など、一年の中でも賑やかな冬の夜空をご覧いただきたいと思います。

●2月4日(土)~11日(土/祝)
・月
・すばる(昴)
・シリウス

●2月12日(日)~28日(火)
・すばる(昴)
・オリオン星雲
・シリウス

【シリウス】
実視等級では、-1.5等級と恒星の中では、一番明るい星です。
※これは距離が8.6光年と近いためで、星本来の明るさで一番ではありません。

【オリオン星雲】
冬の星座を代表するオリオン座。そのベルトの位置に並ぶ三つ星の左下あたりに、
肉眼でもボーとしているところが鶏が羽をひろげたような形をした「オリオン星雲」です。
星雲の中ほどには、台形のように集まった四つ星が輝き、この生まれて20万年ほどの赤ちゃん星たちが、周りのガスを発光させています。ここは、多くの星々が現在進行形で誕生しつつある、いわば「星の製造工場」ともいうべき領域です。

—————–
☆2月の星空情報はこちらをクリック→ [国立天文台ほしぞら情報]

orion

光の速度

  • 光は1秒間に約30万Km(地球を7周半)進み、1年では9兆4600

    億Kmにもなります。

  • 太陽の光は地球に達するまでに
    8分19秒かかります
  • 月の光は地球に達するまでに
    1.3秒かかります

宇宙の距離単位

  • 宇宙はとても広大なため、星と星の距離単位として「光年」

    や「天文単位」という表現を用います。

  • 1光年=光が1年間に進む距離
    (9兆4600億Km)
  • 1天文単位=太陽と地球の距離
    (約1億5000万Km)

地球の時間

  • 1日は24時間ですが、地球の自転(1回転)の時間は23時間56

    分と約4分程ずれが生じます。

  • 「うるう年」を設けて調整しているのは、公転周期が365日に

    少し足りないからです。

  • 地球の自転
    (23時間56分)=400m/秒
  • 地球の公転
    (365日)=30km/秒

2014年04月以前のバックナンバーはこちら

 

山口県 湯本温泉 大谷山荘

〒759-4103 山口県長門市湯本温泉
TEL(0837)25-3221 FAX(0837)25-3434
ご予約専用(0837)25-3300
 
ご覧のブラウザでは表示が若干崩れる場合があります。Internet Explorerの場合、IE8以上でのブラウズを推奨いたします。