女将の部屋

公式サイト最安値保証!詳しくはこちら

天体ドーム今月の天体

土星

土星は毎年地球に接近しますが、最接近する日が2週間ずつ前にずれてゆくため、見える時期も少しづつ変わってゆき、今年は6月10日頃、最も近づきますので、これから観望の好期を迎えます。

美しいリングの成分は、数センチから数メートルサイズの氷の粒子から成り、望遠鏡で見える幅は6万km位ありますが、厚さは平均すると100m前後しかありません。
土星は、自転軸が公転面に対して26.7度傾いた状態で太陽の周りを30年かけて回るため、太陽と地球、土星の位置関係が変わり、それに従って地球から見た時のリングの開き具合も変化してゆきます。

15年に一度、真横からリングが見えるようになるため、輪は細い線のようになってしまいます。
6年前がその年に刻当していました。
それ以降、輪はすこしづつ開き、今年は輪が最大限位に開いた土星を観望することができます。

なお、当館天体ドームでは、8月中旬頃まで、今年の土星を観望することができます。

☆6月の星空情報はこちらをクリック→ [国立天文台ほしぞら情報]

 

光の速度

  • 光は1秒間に約30万Km(地球を7周半)進み、1年では9兆4600億Kmにもなります。
  • 太陽の光は地球に達するまでに
    8分19秒かかります
  • 月の光は地球に達するまでに
    1.3秒かかります

宇宙の距離単位

  • 宇宙はとても広大なため、星と星の距離単位として「光年」や「天文単位」という表現を用います。
  • 1光年=光が1年間に進む距離
    (9兆4600億Km)
  • 1天文単位=太陽と地球の距離
    (約1億5000万Km)

地球の時間

  • 1日は24時間ですが、地球の自転(1回転)の時間は23時間56分と約4分程ずれが生じます。
  • 「うるう年」を設けて調整しているのは、公転周期が365日に少し足りないからです。
  • 地球の自転
    (23時間56分)=400m/秒
  • 地球の公転
    (365日)=30km/秒

今月の天体 バックナンバー

2017年09月:【体験】9月は白鳥座の冠・アルビレオ。長門の星空観測へようこそ~大谷山荘の天体ドーム  
2017年07月:【体験】8月は色々な星をみよう。長門の星空観測へようこそ~大谷山荘の天体ドーム  
2017年07月:【体験】7月は「土星」の輪を観測。長門の星空観測へようこそ~大谷山荘の天体ドーム 
2017年06月:【体験】6月は「ベガ」長門の星空観測を~大谷山荘の天体ドーム 
2017年05月:5月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年04月:4月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年03月:3月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年02月:2月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年01月:1月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年11月:11月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年10月:10月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年07月:夏休みに観測いただける天体(7~8月) 
2016年06月:土星 
2016年05月:火星 
2016年04月:春の夫婦☆(うしかい座のアルクトゥルスとおとめ座のスピカ) 
2016年03月:おおぐま座のミザール 
2016年02月:木星 
2016年01月:おおいぬ座のシリウス 
2015年12月:オリオン座大星雲М42 
2015年11月:プレアデス星団(スバル) 
2015年10月:ペルセウス座二重星団 
2015年09月:中秋の名月 
2015年08月:はくちょう座のデネブとアルビレオ 
2015年07月:こと座のベガ 
2015年06月:M13 ヘルクレス座球状星団 
2015年05月:土星 
2015年03月:北斗七星のミザール 
2015年02月:木星 
2015年01月:おおいぬ座のシリウス 
2014年12月:オリオン大星雲 
2014年11月:プレアデス星団(すばる) 
2014年10月:皆既月食 
2014年09月:中秋の名月 
2014年07月:りゅう座とトゥバン 
2014年06月:さそり座とアンタレス 
2014年05月:土星 
2014年04月:火星 

2014年04月以前のバックナンバーはこちら

 

山口県 湯本温泉 大谷山荘

〒759-4103 山口県長門市湯本温泉
TEL(0837)25-3221 FAX(0837)25-3434
ご予約専用(0837)25-3300
 
ご覧のブラウザでは表示が若干崩れる場合があります。Internet Explorerの場合、IE8以上でのブラウズを推奨いたします。