女将の部屋

公式サイト最安値保証!詳しくはこちら

天体ドーム今月の天体

春の夫婦☆(うしかい座のアルクトゥルスとおとめ座のスピカ)

春の大曲線上に輝くうしかい座のアルクトゥルスは日本では麦の刈り入れの、いわゆる麦秋のころの日暮れ時、頭上に輝くところから「麦星」とよばれて親しまれていた。
一方、おとめ座のスピカの白い輝きの方は「真珠星」とよんでいた地方もあった。

そして、春の宵の頭上に輝くオレンジ色のアルクトゥルスと白色のスピカは一対の星と見られ「春の夫婦星」ともよばれていた。
両者のこの色の違いは、表面温度の違いからくるもので、アルクトゥルスが約4000度と低いのに対し、スピカは2万度という高さだ。

アルクトゥルスとスピカはずいぶん離れて輝く“夫婦星”と思われるかもしれないが、現在、アルクトゥルスが秒速125kmの猛スピードでスピカの方へ移動中なので、およそ6万年後にはスピカのすぐそば2度のところにやってきてならび、遠い将来文字通り仲の良い夫婦星となってならんで輝いて見えることになる。

藤井旭「全天星座入門」より

☆4月の星空情報はこちらをクリック→ [国立天文台ほしぞら情報]

 

光の速度

  • 光は1秒間に約30万Km(地球を7周半)進み、1年では9兆4600億Kmにもなります。
  • 太陽の光は地球に達するまでに
    8分19秒かかります
  • 月の光は地球に達するまでに
    1.3秒かかります

宇宙の距離単位

  • 宇宙はとても広大なため、星と星の距離単位として「光年」や「天文単位」という表現を用います。
  • 1光年=光が1年間に進む距離
    (9兆4600億Km)
  • 1天文単位=太陽と地球の距離
    (約1億5000万Km)

地球の時間

  • 1日は24時間ですが、地球の自転(1回転)の時間は23時間56分と約4分程ずれが生じます。
  • 「うるう年」を設けて調整しているのは、公転周期が365日に少し足りないからです。
  • 地球の自転
    (23時間56分)=400m/秒
  • 地球の公転
    (365日)=30km/秒
 

今月の天体 バックナンバー

2017年07月:【体験】7月は「土星」の輪を観測。長門の星空観測へようこそ~大谷山荘の天体ドーム 
2017年06月:【体験】6月は「ベガ」長門の星空観測を~大谷山荘の天体ドーム 
2017年05月:5月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年04月:4月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年03月:3月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年02月:2月に観測できる星空~天体ドーム 
2017年01月:1月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年11月:11月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年10月:10月に観測できる星空~天体ドーム 
2016年07月:夏休みに観測いただける天体(7~8月) 
2016年06月:土星 
2016年05月:火星 
2016年04月:春の夫婦☆(うしかい座のアルクトゥルスとおとめ座のスピカ) 
2016年03月:おおぐま座のミザール 
2016年02月:木星 
2016年01月:おおいぬ座のシリウス 
2015年12月:オリオン座大星雲М42 
2015年11月:プレアデス星団(スバル) 
2015年10月:ペルセウス座二重星団 
2015年09月:中秋の名月 
2015年08月:はくちょう座のデネブとアルビレオ 
2015年07月:こと座のベガ 
2015年06月:M13 ヘルクレス座球状星団 
2015年05月:土星 
2015年03月:北斗七星のミザール 
2015年02月:木星 
2015年01月:おおいぬ座のシリウス 
2014年12月:オリオン大星雲 
2014年11月:プレアデス星団(すばる) 
2014年10月:皆既月食 
2014年09月:中秋の名月 
2014年07月:りゅう座とトゥバン 
2014年06月:さそり座とアンタレス 
2014年05月:土星 
2014年04月:火星 

2014年04月以前のバックナンバーはこちら

 

山口県 湯本温泉 大谷山荘

〒759-4103 山口県長門市湯本温泉
TEL(0837)25-3221 FAX(0837)25-3434
ご予約専用(0837)25-3300
 
ご覧のブラウザでは表示が若干崩れる場合があります。Internet Explorerの場合、IE8以上でのブラウズを推奨いたします。