女将の部屋

公式サイト最安値保証!詳しくはこちら

金木犀(金子みすゞの詩)

爽やかな秋の風を感じながら玄関に立っておりますと、どこからともなく金木犀の甘い花の香りが漂ってきました。
毎年この香りをかぐと、懐かしい子供の頃を思い出します。
思い出って目にするものだけでなく、匂いや香りだけでも、ふと色々な思い出が蘇ってくることがあります。

私にとっては思い出がいっぱい詰まった秋の香りですが、金子みすゞさんの可愛らしい「もくせい」の詩をご紹介いたします。
————————————————————–

「 もくせい 」

もくせいのにおいが
庭いっぱい

表の風が、
ご門のとこで、
はいろか、やめよか、
相談してた。

————————————————————–
心がほのぼのとする詩です。

ほんのりとした庭一杯に漂う甘い香り。
「はいろか、やめよか、相談してた」というところは、風の戸惑っている優しさが、目に浮かぶようで心が和みます。
香りを運んでくれる風に、改めて「ありがとう!」って伝えたくなります。

女将 大谷 のり子

 

山口県 湯本温泉 大谷山荘

〒759-4103 山口県長門市湯本温泉
TEL(0837)25-3221 FAX(0837)25-3434
ご予約専用(0837)25-3300
 
ご覧のブラウザでは表示が若干崩れる場合があります。Internet Explorerの場合、IE8以上でのブラウズを推奨いたします。